肉割れがかゆい

肉割れがかゆい原因とケアの仕方!赤い肉割れのかゆみは乾燥と炎症

更新日:

肉割れや妊娠線ができた付近が、かゆいと感じることがあります。
この原因は肉割れができたことによる炎症や肌の乾燥が関係をしています。

かゆみを感じているのであれば、おそらく肉割れ線の色は赤いのではないでしょうか?
この色が赤いのは初期症状で線ができたばかりでもあります。

そのため、ケアをしなければ線の数も増え、ひどい症状になることもあります。

このかゆみを抑える為に必要なのは、肉割れのケアをすることです。
また、ひどい痒みであれば薬を使うのもひとつの手ではあります。

肉割れがかゆい原因からケアの仕方まで詳しく解説をしているので、同じ症状に悩まされている人はご覧ください。

肉割れがかゆい原因は炎症

女性の医者の写真

肉割れがかゆい原因は肌が炎症をしているからです。

そもそも肉割れは脂肪や筋肉が付くことによって、皮膚の伸縮が耐えられず内側から切れることが原因となります。
皮膚が切れてしまったことからも、肌が炎症をしてしまいます。

そのため、肉割れ線のある付近がかゆい原因となってしまうのですね。

また、線がある場所だけでなくその付近がかゆみがあるって人もいるかと思います。
脂肪や筋肉は全体的に付いていくので、周辺も皮膚が引っ張られて、切れそうになっていることが考えられます。

肉割れができたことによって肌が炎症をしているのが、かゆい原因となるのですね。

肌の乾燥によるバリア機能の低下も原因のひとつ

肌が乾燥をしていることも原因のひとつとなります。
潤いのある肌に比べ、乾燥をしていると弾力が失われてしまい、肉割れができる原因にもなります。

また、それだけではなく保湿剤の膜である、バリア機能が低下をしてしまうことになります。

このバリア機能は外からの刺激や雑菌から、肌を守る役割を行っています。
乾燥によって低下をすることで、肉割れができる原因になるだけでなく、刺激によって肌が炎症をしやすくなります。

急激に太っていないにも関わらず、肉割れができてかゆいって人は、かゆみの原因として肌の乾燥も関係しています。

赤い肉割れ線でかゆいなら早めのケアがおすすめ

肉割れがかゆい人は線の色が赤いことが多いです。

赤い肉割れ線は初期症状となっており、肉割れができたばかりです。
皮膚が切れたばかりなので、肌が炎症をして赤い色になっているのですね。

また、丁度血管の辺りで血の色が透けて見えている可能性もあります。

肉割れ線の色が赤いのであれば、できたばかりで周辺や他の肌の部分も、脂肪や筋肉の増加で切れそうになってる可能性があります。

そのため、線の数が増えてひどい症状になる可能性もあるので、早めにケアをするのがおすすめです。

肉割れのかゆみを抑えるケア

プレマームを伸ばしてみた

肉割れのかゆみを抑えるケアとして、大事なのは保湿をすることです。
かゆみの原因となっているのは炎症ですが、そもそもは乾燥によるバリア機能の低下が関係をしています。

そのため、バリア機能によって、肌を刺激から守るようにケアをするのが大事です。

そのため、かゆみを抑えるだけケアをしたいなら、ボディクリームなどで肌の保湿をするようにしましょう。
保湿目的であればニベアなどが薬局で市販されています。

ただ、どうせなら肉割れや妊娠線のケアをしたいって人は、肉割れクリームを使いましょう。妊娠をしていて予防をしたいのか、すでに出来たのを消したいのかの目的別に使うクリームを選ぶのがおすすめです。

すでに肉割れ線ができてかゆみもある人におすすめのクリーム

すでに肉割れ線ができていて、その付近がかゆいのであれば、おすすめはプレマームです。

プレマームはアフターケア用のクリームで「レジストリル」が配合されています。そのため、口コミでも効果があったと評判がよく、アフターケア用の中では価格も安いです。

出来た肉割れ線のくぼみや色を解消したい人向けにレジストリルを配合するだけでなく、保湿成分として「ヒアルロン酸」「セラミド」「コラーゲン」「スクワラン」が含まれています。

プレマームならかゆみに悩まされている人でも、バリア機能を高めながら、できた線のケアを同時にしていくことができるようになっています。

私自身が肉割れに悩まされた時に使った時にいくつか使ったクリームの中でも一番おすすめで、口コミについては下記で紹介をしています。

プレマームの口コミや効果!クリームでどうなる私の肉割れ線

肉割れ・妊娠線のかゆみケアも考えられているクリーム

かゆみがあまりにも酷いって人であれば、抗炎症作用の成分が含まれているクリームがおすすめです。

肉割れや妊娠線は乾燥も原因となっているので、多くの人が同時にかゆみに悩まされます。

しかし、肉割れクリームと言っても予防もアフターケアのどちらもかゆみの部分は考えてないように感じます。

確かに保湿をしてバリア機能を高め肌が炎症をしないようにするのは大事です。ただ、かゆみに我慢できなくて、肌に刺激を与えてしまっては肉割れケアとしても失敗をしてしまいます。

私の知る限りでは、かゆみのことも考えて作られているクリームは「アロベビーフォーマム」のみです。

かゆみや肌荒れのことも考えた7種類の成分が配合されており、抗炎症作用のある天然成分が配合されています。

肉割れや妊娠線がかゆいって人であれば、「アロベビー」は1.5ヶ月分の容量で2,970円と価格も安いので、おすすめすることができます。


妊娠線予防クリームを実際に使って比較!原因からいつから予防ケアかも解説

特に線が赤い人は肉割れケアがおすすめ

全ての人におすすめではあるのですが、特に線が赤い人は肉割れケアをするのがおすすめです。

上記でも紹介したように肉割れ線の数が増えてしまう可能性があります。
そのため、アフターケアをするのがおすすめです。

肉割れは内側の皮膚の細胞の真皮が切れると、完全に治すことはできません。
しかし、だんだんと目立たなくはなってくるようになります。

かゆみ対策・肉割れケアを同時に行いたいのであれば、アフターケア用のクリームを使うようにしましょう。

肉割れクリームを実際に使って比較!太った肉割れ線を消すならコレ

-肉割れの基礎知識

Copyright© 肉割れクリームを実際に使って比較!太った肉割れ線を消すならコレ , 2019 All Rights Reserved.