妊娠線予防クリームの写真

妊娠線予防クリームを実際に使って比較!原因からいつから予防ケアかも解説

更新日:

妊娠をした女性のほとんどが行うのが妊娠線の予防対策です。

しかし、初めての妊娠だとストレッチマーク用のクリームでケアは分かっていても、色々と調べなければならないこともあります。

「妊娠線の予防はいつからいつ頃まで行う?」
「口コミで人気のクリームは高いけど安いのでは駄目なの?」
「妊娠線の予防ケアはどんなことをすれば良いの?」
「保湿が大事とは聞くけどそもそもの原因は?」

妊娠線はできたら治らない症状でもあるので、作らないことが大切です。

ただ、安易に口コミや評判を信じて高い予防クリームを選ぶのはおすすめしません。
個人的にな安くても評判の良いのはあるので、長い期間ケアが必要となるのもあり、あまり高いのはおすすめしません。

そもそも妊娠線ができやすい人の特徴もあったりしますからね。

ここでは妊娠線の予防について原因からいつから予防のケアが必要かまで全てが分かるようになっています。
また、価格や口コミにとらわれずにどんなクリームを使えば良いかが分かるようになっています。

妊娠線の予防クリームの選び方!高いのでなく安いのがおすすめ

妊娠線の予防で最も悩むことが多いのがどのクリームを選ぶかです。

雑誌やTVや口コミでは高いのばかり評価されていて、安いのでは駄目なのかと思ってしまいます。
しかし、そんなことはなく安くても口コミで評判の良いのは様々なのが販売されています。

妊娠線のクリームは予防だけでなく、産後のたるんだ皮膚を引き締める為にも使います。
最短で6ヶ月ぐらいから長ければ1年近く使い続けなければなりません。

そのため、無理をして高いのを選んでもそれが長く続くので後悔をすることにもなりかねません。
産後は子供の洋服の費用もかかりますし、太るや薄毛など妊婦の人は他にも悩まされる可能性もあります。

安くても効果があったと評判のもあれば様々なので、無理をするのではなく、あなたにあったのを選ぶのがおすすめです。

妊娠線ができやすい人の特徴からクリームを選ぶ

妊娠線は急激に太る肉割れと同じ症状であり、急激にお腹が大きくなる妊婦はどんな人でもできる可能性があります。ただ、できやすい人の特徴があると言われています。

妊娠線ができやすい人

  1. 小柄な人
  2. 皮下脂肪が多い
  3. 乾燥肌の人

特に肌の乾燥や小柄な人だと妊娠線の原因とも大きく関係をしてくる部分です。そのため、これらに当てはまるのであれば、無理しない範囲で少し高くても保湿力の高いクリームなどを選ぶのがおすすめです。

一方で当てはまらないのであれば、口コミで安くても評判なクリームを選んではいかがでしょうか?

そもそも妊娠線はクリームで予防をしても出来る人は多いです。産後の生活もあるので無理をしすぎないようにクリームを選ぶようにしましょう。

妊娠線予防クリームランキング

おすすめの妊娠線予防クリームランキングを紹介しています。

それぞれのクリームはどんな人におすすめなのかを理由と共に一緒に紹介をしています。口コミでの評判が良いのでも、安くても効き目があったものもあります。

どれを使うかは上記の選び方を参考に選ぶようにしましょう。価格が高いのであれば効果がある訳ではありませんので、迷ったならおすすめは安いクリームを使うことです。

安くてかゆみ成分配合で評判のアロベビー「ボディマーククリーム」

アロベビーの妊娠線クリーム

安くて評判が良いクリームが、アロベビーのボディーマーククリームです。

ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つ成分と保湿効果を持続させ、刺激に対する抵抗力を高め、うるおいを持続する成分が含まれているのが特徴です。

妊娠中は乾燥によりバリア機能が低下をして、肌が炎症をしてかゆみに悩まされやすいです。しかし、かいた刺激は肌の働きを低下させ、妊娠線の予防を考えると耐えなければなりません、

そのため、抗炎症作用の入った成分を配合することで、かゆみケアの点まで考えて成分が配合されています。

1本で約1.5ヶ月分の容量で2,970円と価格が安く、2本で3ヶ月使っても1か月辺り約2,000円となっています。

安さ・保湿・肌に優しいの3点に加え、かゆみケア成分も配合されているので、どれを使うか迷ったのであれば断トツでおすすめすることができます。

価格 2,970円(約1.5ヶ月分)
返金保障 返金保証あり
特徴 安い・保湿・肌に優しい・かゆみケア

妊娠線がすでに出来た人は「プレマーム」

プレマーム

妊娠線や肉割れのできた人向けのアフターケア用がプレマームです。

なかにはすでにできてしまったので、焦って予防対策をしようとする人もいるかと思います。そんな人であれば最初からアフターケア用を使うのがおすすめです。

できた人向けのクリームは予防に比べて種類は少ないので、評判の良いのは価格も少し高めのが多いです。

私自身もプレマームは使いましたが、できた人であればアフターケア用の中でも価格が安い、プレマームはおすすめすることができます。

予防に成功すればなによりですが、どんなのを使っても完全に防ぐのは難しく、すでに妊娠線のある人はアフターケア用を使いましょう。

価格 1,800円(初回)
返金保障 返金保証なし
特徴 アフターケア用

プレマームの口コミや効果!クリームでどうなる私の肉割れ線

予防とアフターケアの兼用で安い「miteteマタニティクリーム」

miteteマタニティクリーム

予防とできた人のアフターケアとして、兼用となっているのがmiteteマタニティクリームです。

妊娠線は予防対策をしたとしても、できてしまう人は非常に多いです。太るのが原因の肉割れと同じ症状ですが、脂肪の増加とは比べ物にならないぐらい、お腹がふくらんでしまうからです。

そのため、いくらクリームで予防対策をしてもできてしまうのですね。

しかし、miteteマタニティクリームは兼用となっているので、妊娠中にできても予防とアフターケアの両方のケアが同時に行えます。

個人的にはできたらアフターケア用を使うのがおすすめですが、ひとつのクリームを使い続けたいって人であれば、兼用のmiteteマタニティクリームは価格も安くおすすめです。

価格 2,800円(約1ヶ月分)
返金保障 返金保証なし
特徴 予防・アフターケアの兼用

miteteマタニティクリーム口コミ!実際に肉割れに使った体験談

人気の妊娠線クリームを比較!どれを使うか迷った人は安いコレ

ここで紹介している人気の妊娠線クリームを価格で簡単に比較できるように表にしています。

最低でも予防対策として妊娠中期頃から産後まで使う必要があります。人によっては産後のたるんだ皮膚を引き締める為に、更に半年近く使う人もいます。

妊娠線クリームは最初の1ヶ月だけキャンペーンで安くしているのも多いですが、半年間使った総額で考えるのがおすすめです。

妊娠線クリーム 初月 2か月目以降 6ヶ月間の総額
アロベビーフォーマム 2,970円 2,970円 10,890円
mitete 2,800円 2,800円 16,800円
プレマーム 1,800円 5,440円 29,000円

アロベビーフォーマムの妊娠線クリームは1本で1.5か月分の容量となっています。1ヶ月目と2か月目の金額は1本の金額にしています。また、3本セットだと20%割引がされます。、

そのため、合計金額は3本セットと1本を合計した金額になっています。

妊娠線クリームはいつから予防対策で使い始める?

妊娠線は前期となる4ヶ月目までにできる人もいますが、中期頃の5ヶ月から7ヶ月ごろにできる人が増えはじめてきます。

そのため、妊娠線クリームは中期頃に入る前の、4ヶ月目ぐらいから使いはじめた方が良いです。

妊娠線クリームを使って予防を始めると、肌がしっとりとしてくるような感じはしてきます。しかし、きちんと保湿であったりケアは即効性がある訳ではありません。

そのため、妊娠線ができる始める4ヶ月目頃までには使い始めるのがおすすめです。

ただ、前期でもできている人がいるように、乾燥肌の人やかゆみを感じているのであれば、早めにケアを始めるのがおすすめです。

産後のたるんだお腹の皮膚を引き締める頃まで使う

妊娠線クリームはいつからいつまで使うのかを考えて、どれを使うかを選ぶようにしましょう。
心配だからと高級なのを使っても、長く続けられなくて後悔をする人もいます。

出産をした産後はお腹の皮膚はだるんだるんになってしまい、引き締める為にも保湿をすることが必要となります。

妊娠線の予防に使われるクリームはもともと保湿を重視して成分が配合されています。
そのため、産後はたるんだ皮膚を引き締める為のクリームとして使い続けるのが一般的です。

妊娠中期ごろには予防をはじめて、産後の数か月間までケアが必要となるのですね。

そもそも妊娠線の原因は急激な成長による皮膚の断裂

妊娠線は皮膚が裂けるのが原因となってできます。

赤ちゃんがお腹の中で成長をすることで、パンパンと張った状態になり、皮膚が引っ張られてしまいます。そのため、真皮・コラーゲン繊維など肌を構成している細胞が切れてしまいます。

その切れ目は最初は炎症をしているので、赤い色をしているのですが、3か月ほど立つと白い線となります。

妊娠線は肉割れと同じ症状ですが、急激に太るのに比べ、赤ちゃんの成長速度は速いです。そのため、赤い線がたくさんできたりとひどい症状になりやすいです。

真皮などの皮膚の細胞は一度切れると治ることはないので、きちんと原因を与えないようにして切れないようにすることが大事なのですね。

妊娠線ができないようにするなら肌の弾力が大事

妊娠線は皮膚が引っ張られて切れるのが原因となります。

お腹が膨らむのを防ぐのは不可能と言えます。
そのため、皮膚が切れないようにケアをすることが予防の手段として、唯一ある方法なのですね。

肌は乾燥が原因によって弾力やハリが失われていきます。
そのため、保湿をして弾力やハリなどの肌の基礎の部分をケアしていくことが予防には必要となります。

妊娠中は女性ホルモンのバランスも乱れ、運動不足やストレスなどの生活習慣など肌の悪循環となってしまいます。
肌は乾燥をしやすく妊娠線ができやすい状況です。

そのため、妊婦は日本だけでなく海外でもケアをしていくのが一般的となっているのですね。

乾燥やかゆみは妊娠線の前兆とも言われる理由

妊娠をしていて乾燥やかゆみを感じるようになると前兆とも言われています。
特にかゆみに悩まされている人は原因からもできやすい状態であるのは分かります。

肌が乾燥をすると弾力だけではなく、バリア機能が低下をして外的刺激から肌を守ることができなくなります。そのため、皮膚が炎症をしてかゆみに悩まされることになります。

ようするにかゆみを感じたのであれば、肌は乾燥をしており弾力が失われている可能性が高いのですね。
また、かゆみがつらいので刺激を与えてしまい、更に肌機能を損ねてしまう原因にもなります。

もしもひどいのであれば、抗炎症作用も配合しているアロベビーの妊娠線クリームのようなのを使うのをおすすめします。

肉割れがかゆい原因とケアの仕方!赤い肉割れのかゆみは乾燥と炎症

妊娠線の予防ケア

妊娠線の予防ケアとして最も大切なのは、ボディクリームによる保湿ケアです。
その他に下記の肌の代謝を高める為に悪影響となる原因を解消することが必要となります。

妊娠線の予防ケア

  • ストレス
  • 寝不足
  • 運動不足

これらの生活習慣の部分によって、代謝が低下をしてしまい、肌は乾燥をしやすくなります。
ただ、クリームでケアをするだけではなく、少しでも気おつかいながら、原因を解消することが大事です。

しかし、お腹の中に赤ちゃんのいる大切な身なので間違っても無理はしないようにしてください。
妊娠線の予防ケアはクリームを使いながら、無理せずに生活習慣の改善をすることです。

薬局で市販のクリームなら保湿クリームを代用する

薬局では妊娠線クリームは販売がされていないことが多いです。
だからと言って必ずしも妊娠線クリームを使わなければならない訳ではありません。

妊娠線の原因でも解説をしたように、最も大事なのは肌を保湿して、弾力を高めることです。
妊娠線用のクリームはその為に必要となる成分を厳選して作られており、その点で少し価格が高くなっています。

妊娠線は遺伝もありますが、太っているか痩せているかにもよって、できやすいなどの違いがあります。
痩せている人だと体系に比べると、お腹が大きくなってしまい、できやすくなっています。。

そのため、デブってほど太っていない人であれば妊娠線用のクリームを使うのがおすすめです。

高い妊娠線・肉割れクリームがおすすめしないのは使用期間

妊娠線の予防としてクリームでのケアは長期間必要となります。

妊娠線ができやすい中期頃に入る前ぐらいからケアを初めて、産後の数か月間はたるんだ皮膚を引き締める為に使います。そのため、半年から1年と長期間のケアをしていくので、総額を考えて選ばなければなりません。

高い妊娠線クリームを選んでしまうと、総額では安いのに比べて、何倍もの金額になってしまいます。

妊娠線の予防は保湿とかゆみの2つを考える

妊娠をするとホルモンバランスの乱れから、肌は乾燥をしやすくなります。
そのため、かゆみやヒリヒリと痛いなど悩まされることもあります。

しかし、ここでかゆいからとかいてしまうと、刺激を与えてしまい更に症状は悪化をしますし、肌機能の低下にもつながります。

妊娠線のケアとして考えなければならないのは、保湿とかゆみケアの2つなのですね。

どちらに関しても原因の元となるのは肌の乾燥です。かゆみは乾燥をしてバリア機能が低下した状態の刺激で、皮膚が炎症をしているからです。

そのため、妊娠線のクリームを選ぶのであれば、安易に高いから効果がありそうと選ぶのではなく、保湿がしっかりとできて、なお抗炎症作用などの入ったクリームを選ぶのがおすすめです。

もしも予防をしても妊娠線ができでも失敗とは限らない

妊娠線はいくら高級な予防クリームを使おうが、できる人もたくさんいます。
予防対策をすることは大切ですが、完全に防ぐことは難しいのですね。

だからこそ個人的には無理して高いクリームを選ぶのはおすすめしていないです。
ただ、できたからと言って必ずしもクリームの効果が無かったわけではありません。

人によっては何十本もの濃い赤い線が入ってしまう人もいます。
できやすい人の特徴などもあり、もしかしたらひどい症状になるのを予防できたのかも知れません。

予防をしても妊娠線ができたらショックではありますが、無理に高いのに手を出しても同じような状況な人もいます。

気持ちを切り替えて更に線の数が増えたりしないようにし、今度はアフターケアをしていくようにしましょう。

妊娠線はできたら完全に治らないけど目立たなくなる

そもそも妊娠線はできたら治らない症状とも言われます。

しかし、私自身もできた人ですが、治療をして治った訳ではないですが、今ではほとんど消えて目だたなくなっています。

予防にうまくいき作らないことに成功をするのがなによりではありますが、あきらめる必要がある訳ではありません。

できた当初はひどい赤い線になっているし、ショックも大きいと思います。
しかし、私のようにあきらめずにアフターケアに気持ちを切り替えていくようにしましょう。

私の今の肉割れの写真やアフターケアについて知りたいって人は下記の記事をご覧ください。
肉割れクリームを実際に使って比較!太った肉割れ線を消すならコレ

-状況別の肉割れクリーム

Copyright© 肉割れクリームを実際に使って比較!太った肉割れ線を消すならコレ , 2019 All Rights Reserved.