ワセリンを持つ女性

肉割れや妊娠線にワセリンの効果!予防向けのワセリン配合クリームは?

投稿日:

肉割れや妊娠線の予防対策として使われるのがワセリンです。

薬としても販売がされていますし、様々な化粧品にも配合がされています。
主に肉割れや妊娠線の予防としては、薬を使う人は少ないのではないかと思います。

ワセリンの効果とは保湿です。
妊娠線対策には最も大事な効果でもあると言えます。

では、実際問題で妊娠をしてから予防対策としてワセリンを使うことは効果があるのでしょうか?
この部分についてこの記事では解説をしています。

そもそもワセリンとは

まずはワセリンとは何なのかを理解がしやすいように簡単に解説をします。

ワセリンとは石油から取れる炭化水素の混合物を脱色して精製をした物質のことです。

主に単体の薬としても販売もされているのですが、化粧品などの肌にかかわる製品にも含まれていることも多いです。

純度の違いによって黄色にもなるのですが、主に白いワセリンが用いられることがほとんどです。

ワセリンの効果は保湿

ワセリンの効果はわかりやすく言えば保湿です。

付けることによって、皮膚の表面に膜を張ることができます。
そのため、肌の水分を蒸発するのを防ぐことが期待できるのですね。

また、バリア機能として外的刺激から肌を守る働きがあります。
肌が乾燥をすると刺激によって様々な肌トラブルが起きることもあります。

ようするにワセリンの効果は基礎となる肌機能である、保湿とバリア機能を高める効果が期待できる成分なのですね。

肉割れや妊娠線へのワセリンの効果は予防が期待できる

肉割れや妊娠線ができてしまう、原因は皮膚が切れてしまうことです。
そのため、妊娠中期ごろから多くの人がクリームを使って肌を保湿していきます。

肌の水分量が多いと弾力を高めることができます。

太ったりする肉割れも妊娠によるお腹の膨らみの妊娠線にも予防対策として効果が期待できるのですね。

赤ちゃんが大きくなるのは防ぐことはできませんし、みずから脂肪を増加させたい人は少ないです。

あらかじめお腹が膨らむのが分かっている妊娠した女性はワセリンを使うことで、肌の弾力を高め、切れてしまうのを防ぐ予防効果として利用がされます。

配合されているのが「ドクターボーテムワセリンクリーム」

ドクターボーテムワセリンクリーム

妊娠線予防対策の中でもワセリンが含まれている人気のは「ドクターボーテム」のクリームです。

合成界面活性剤が使われておらず、妊娠中の弱った肌の人でも低刺激で使いやすいように考えられて作られています。

また、クリームになっていることでワセリンの欠点となっている、べたつきや伸びの悪さが解消されているなど、口コミでの評判も良いです。

主成分がワセリンと水になっいて、パラベンなどの防腐剤が使用されていません。
そのため、様々な肌質の人でも使いやすいようになっています。

おそらくこのクリームが肌に合わないと感じたのであれば、そもそもワセリンが合わないのではないかと思います。

赤ちゃんにも使えるようになっているので、生まれてきた子がアトピーがひどくても、一緒に使うことができます。

ワセリンはべたつきや伸びの悪さがあるのでクリームがおすすめ

薬として販売されているワセリンの多くは固形のような感じになっています。

そのため、妊娠線予防のようにお腹全体に塗ったりするとなると、伸びが悪く使いづらい点が気になってきます。

また、ベタツキが気になる人も多いです。

そのため、上記で紹介しているようなワセリンの入ったクリームや妊娠線クリームを使うのがおすすめです。

まとめ

ワセリンは肉割れや妊娠線の予防対策として必要となる保湿ができる物質です。

ただ、薬となるとベタツキや伸びの悪さがあり、使いづらいなどのデメリットもあります。そのため、クリーム状になっているのを使うのがおすすめです。

また、特別この成分にこだわりがなければ妊娠線用のクリームを使うこともできます。

妊娠線クリームはワセリンのように特定の成分にこだわるのではなく、様々な保湿成分などの美容成分が含まれています。

妊娠線予防クリームとして対策が圧倒的に多いのではないかと思います。

-肉割れの基礎知識

Copyright© 肉割れクリームを実際に使って比較!太った肉割れ線を消すならコレ , 2018 All Rights Reserved.