妊娠線予防クリームの写真

妊娠線予防クリームランキング!高いのでなく安くて口コミで評判のがおすすめ

更新日:

妊娠をしたら避けては通れないのが予防対策です。
そのため、ほとんどの人が妊娠線を予防する為にクリームを使ってケアをしています。

しかし、多くの人が使うだけあって様々なのが市販されており、どれを使えば良いのか迷ってしまうことも多いです。

「できるだけ安いクリームで口コミで評判の良いのはどれ?」
「いつから塗りはじめれば良いのだろうか?」
「かゆみを感じ始めたけど急いでケアをした方が良いのだろうか?」

妊娠線のクリームはなぜか高いのがおすすめされていることが多かったりします。
ただ、値段と効果は関係がないですし、安いクリームでも口コミで評判の良いのはたくさんあります。

ここでは妊娠線の予防をしたい人のクリームでおすすめのをランキングで紹介しています。また、いつからいつ頃まで使うかなど全て紹介をしています。

妊娠線の予防なら安いクリームを使うのがおすすめ

妊娠線のクリームは5,000円や7,000円するようなクリームがおすすめされていることが多いです。
高いと効果がありそうな感じがするのは分かりますが、個人的には安いクリームを使うのがおすすめです。

その理由としては妊娠線ができる原因となぜケアをしているのかの理由から分かります。

妊娠線の予防対策としてクリームでケアをしている理由は、保湿をして肌の弾力を高めるためです。お腹のふくらみに皮膚の伸縮が耐えられずに切れる症状なので、弾力を高めるケアをしているのですね。

妊娠線予防クリームに最も大切なことは保湿をすることです。
だからと言ってどんなクリームを使えば良いって訳ではありません。

妊娠をするとホルモンバランスの乱れや生活習慣の変化によって、肌は乾燥をしやすくバリア機能が低下をして、かゆみなどの症状に悩まされることになります。

刺激を与えない為にもできるだけ肌に優しいを考えて作られて、保湿がしっかりとできるクリームを使えば良いのですね。

妊娠線予防クリームランキング

おすすめの妊娠線予防クリームランキングを紹介しています。

それぞれのクリームはどんな人におすすめなのかを理由と共に一緒に紹介をしています。
口コミでの評判が良いのもあれば、安くても効き目があったと人気のと様々です。

どれを使うかは口コミよりも、おすすめは価格の安さ・保湿・肌に優しいの3点で選ぶのがおすすめです。

安くて口コミでも評判のアロベビー「ボディマーククリーム」

アロベビーの妊娠線クリーム

安くて評判が良いクリームが、アロベビーのボディーマーククリームです。

ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つ成分と保湿効果を持続させ、刺激に対する抵抗力を高め、うるおいを持続する成分が含まれているのが特徴です。

妊娠中は乾燥によりバリア機能が低下をして、肌が炎症をしてかゆみに悩まされやすいです。しかし、かいた刺激は肌の働きを低下させ、妊娠線の予防を考えると耐えなければなりません、

そのため、抗炎症作用の入った成分を配合することで、かゆみケアの点まで考えて成分が配合されています。

1本で約1.5ヶ月分の容量で2,970円と価格が安く、2本で3ヶ月使っても1か月辺り約2,000円となっています。

安さ・保湿・肌に優しいの3点に加え、かゆみケア成分も配合されているので、どれを使うか迷ったのであれば断トツでおすすめすることができます。

価格 2,970円(約1.5ヶ月分)
返金保障 返金保証あり
特徴 安い・保湿・肌に優しい・かゆみケア

予防とアフターケアの兼用で安い「miteteマタニティクリーム」

miteteマタニティクリーム

予防とできた人のアフターケアとして、兼用となっているのがmiteteマタニティクリームです。

妊娠線は予防対策をしたとしても、できてしまう人は非常に多いです。太るのが原因の肉割れと同じ症状ですが、脂肪の増加とは比べ物にならないぐらい、お腹がふくらんでしまうからです。

そのため、いくらクリームで予防対策をしてもできてしまうのですね。

しかし、miteteマタニティクリームは兼用となっているので、妊娠中にできても予防とアフターケアの両方のケアが同時に行えます。

個人的にはできたらアフターケア用を使うのがおすすめですが、ひとつのクリームを使い続けたいって人であれば、兼用のmiteteマタニティクリームは価格も安くおすすめです。

価格 2,800円(約1ヶ月分)
返金保障 返金保証なし
特徴 予防・アフターケアの兼用

miteteマタニティクリーム口コミ!実際に肉割れに使った体験談

美容成分が豊富な「ベルタマザークリーム」

ベルタマザークリーム

美容成分が豊富なのがベルタマザークリームです。

スーパーヒアルロン酸やプラセンタエキスをはじめ、コラーゲンやコエンザイムなど高級化粧品でよく見かける成分も配合がされています。

また、定価が6,980円と少し高めな妊娠線クリームぐらいの価格ですが、6ヶ月の定期購入を利用することで、割引がされます。

もともと妊娠線クリームは妊娠中期から、産後はたるんだお腹の皮膚を引き締める為に使います。そのため、定期購入のキャンペーンを行っているのは、6ヶ月ぐらいが条件になってるのがほとんどです。

妊娠をしてから肌の荒れがひどかったり、乾燥がひどいって人であれば、美容成分が豊富なベルタマザークリームがおすすめです。

価格 6,980円(約1ヶ月分)
返金保障 返金保証なし
特徴 6ヶ月の定期購入で割引率が高い

ベルタマザークリームの口コミを使って紹介!妊娠中から産後の予防ケア

どのクリームを使うか悩むならおすすめはコレ

妊娠線は見た目的にもひどいので、絶対にできたくないって人は多いです。
しかし、様々なクリームがあるので、どれを使うか悩んでしまうこともあります。

特に6,000円をこすような少し高めのクリームがおすすめされていることも多いですからね。

あなたがどのクリームを使うか迷ったのであれば、個人的には断トツでアロベビーの「ボディーマーククリーム」がおすすめです。

保湿・安い・肌に優しいの3点を満たしており、口コミでの評判も良いです。
また、定期購入などの条件がなく、単品で安く1.5か月分の容量が入っています。

なにより、かゆみケア成分も配合がされています。

妊娠線クリームはいつから予防対策で使い始めるのか?

妊娠線は前期となる4ヶ月目までにできる人もいますが、中期頃の5ヶ月から7ヶ月ごろにできる人が増えはじめてきます。

そのため、妊娠線クリームは中期頃に入る前の、4ヶ月目ぐらいから使いはじめた方が良いです。

妊娠線クリームを使って予防を始めると、肌がしっとりとしてくるような感じはしてきます。しかし、きちんと保湿であったりケアは即効性がある訳ではありません。

そのため、妊娠線ができる始める4ヶ月目頃までには使い始めるのがおすすめです。
ただ、前期でもできている人がいるように、乾燥肌の人やかゆみを感じているのであれば、早めにケアを始めるのがおすすめです。

産後のたるんだお腹の皮膚を引き締めるのにも使う

妊娠線クリームはいつからいつまで使うのかを考えて、どれを使うかを選ぶようにしましょう。
心配だからと高級なのを使っても、長く続けられなくて後悔をする人もいます。

出産をした産後はお腹の皮膚はだるんだるんになってしまい、引き締める為にも保湿をすることが必要となります。

妊娠線の予防に使われるクリームはもともと保湿を重視して成分が配合されています。
そのため、産後はたるんだ皮膚を引き締める為のクリームとして使い続けるのが一般的です。

妊娠中期ごろには予防をはじめて、産後の数か月間までケアが必要となるのですね。

妊娠線ができやすい人の特徴

妊娠線はどんな体系をしていても、できる人は多いです。
しかし、一般的にできやすい人の特徴があると言われています。

妊娠線ができやすい人

  1. 小柄な人
  2. 皮下脂肪が多い
  3. 乾燥肌の人

他にも遺伝やリンパなど様々なことが言われていますが、はっきり言えばその点は考えても分かることではありません。

そのため、特に重要となるのが上記の3つの点で、特に乾燥肌の人は注意が必要です。

乾燥をすると肌のハリや弾力が失われてしまうので、予防には保湿が重要となります。そのため、もともと乾燥肌の人だと妊娠線ができやすいです。

乾燥やかゆみを感じ始めたら注意

妊娠線ができやすい人の特徴でも、なぜ予防ケアをするのかもそうですが、保湿をすることが大切となっています。

そのため、肌の乾燥を感じていたりしている人は早めにケアをはじめるのがおすすめです。

特に乾燥をするとバリア機能が低下をして、外的刺激から肌を守ることができなく、皮膚が炎症をしてかゆみに悩まされることになります。

人によっては妊娠線クリームではなく、保湿クリームで良いやと考える人は様々かと思います。ただ、どんな人も共通して、乾燥を感じたり特にかゆみに悩まされるようになったのであれば、妊娠線クリームを一刻も早く使うのがおすすめです。

特にかゆみであればアロベビーのマタニティクリームは、その点も考えて成分が配合されているので、おすすめすることができます。

アロベビーのマタニティクリームの詳細へ

-状況別の肉割れクリーム

Copyright© 肉割れクリームを実際に使って比較!太った肉割れ線を消すならコレ , 2019 All Rights Reserved.